査定を受ける時のかけひき

出張査定に査定士が来たときに、こちらが売り急いでいるという印象を与えないほうが良いことは交渉のポイントになります。

オンライン車査定で高額な査定額が出たとしても、それは実際にその車を見て判断されたものではないので、出張査定でその額が変わってくることはあります。

査定士は、車を見ていろいろな事を尋ねてきます。

その中に、買取希望額の質問がよくあるのですが、これはこちらから言うことは避けたほうが良いでしょう。

よくわからないと言えば必ず向こうから提示してきますので、その金額で判断するようにしましょう。

駆け引きということになるかもしれませんが、複数の業者に査定をお願いすることで、売り手との駆け引きよりも業者同士の競合の形に持ち込むことが得策です。

良心的な業者かどうか、タイミングがマッチした業者、あるいは大切にしてきた車をきちんと評価してくれる業者は、出張査定の段階でかなりわかってくると思います。

また、車売却の際には色々な書類が必要になりますが、仮に用意ができていたとしても、後日用意すると言っておいたほうが良いでしょう。

少しでも相手から良い条件を引き出すためには、こちらが売り急いでいるわけではない、という印象を与える方が無難です。

車の状態についても、エンジンの癖だとか車体のキズのことなど根掘り葉掘り聞かれることがあるかもしれませんが、あまり詳しく話さず、できるだけ査定士の判断に任せましょう。

こうしてすべての業者からの査定が終わった時点で、一番高い査定額を提示してきた業者に売却すれば良いわけです。

Copyright (C) 2009 中古車査定の賢い利用方法. All Rights Reserved. お問い合わせ