キレイな車は査定額にも好影響

車を買取に出す際に外観や室内をきれいにしておくことは、査定額のこと以前にマナーとしてやはり洗車と室内の掃除はきちんとしておきましょう。

ちょっとしたキズでしたら市販の道具を使って簡単に修復することが出来ますので利用してみましょう。このようなことは大きく査定額に影響することではありませんが、査定士に、大事に扱われてきたという印象を与えることは間違いありませんし、少しとはいえ金額にも影響があるものです。

ちょっとしたキズは、ボディーカラーと同じ色のタッチアップペンという塗料を使えば簡単に修復することができます。

これは先端にマニキュアのような筆がついていて、簡単に色を塗ってキズを消すことができる便利なものです。ボディーカラーには番号があり、通常ボンネットの中にあるコーションプレートに記載されていますので、確認し、それと同じ番号のタッチアップペンを買いましょう。

洗車する際は、窓ガラスも忘れず拭いておきましょう。内側から拭くことも大切です。

また、ワックスをかけることも車をきれいにみせる秘訣ですが、ボディー全体でなくともボンネットだけでかなりきれいに見せることができます。

これは中古車販売店でも、時間がない時などによく使われる手法ですので、是非やってみて下さい。

ただし、夏の暑い日はボディーが熱を持ちワックスのふき取りがうまく出来ないので避けたほうが良いでしょう。

夏場の場合は、日没後や屋根の下などでボディーの温度をしっかり下げてからワックスがけを行うようにしましょう。

Copyright (C) 2009 中古車査定の賢い利用方法. All Rights Reserved. お問い合わせ